『進撃の巨人』 ファンが集うコミュニティサイト

SHINGEKI STYLE

諌山創(いさやま はじめ)先生のプロフィール

 

身長:173p
体重:47kg
誕生日:1986年8月29日
出身地:大分県
性格  :謙虚(自分は決して絵が上手い作家だとは思わず、
      高名な作家さんに比べて、作品を通して伝えられる
      ことは多くないと自称している)
日課  :毎晩、ネットで格闘技の記事をチェックすること。
興味あるもの:「ももクロ」、「総合格闘技」、「町山智浩さん」
好きな選手:長島☆自演乙☆雄一郎選手(キックボクサー)
        ウィッキー聡生選手、菊野克紀選手、DJ.taiki選手
師匠 :佐藤友生先生
尊敬している漫画家 :弐瓶勉先生、皆川亮二先生
               三浦建太郎先生、新井英樹先生
               三峯徹先生など
小中高の時に最もハマッた漫画 :ジョジョの奇妙な冒険
影響を受けた文庫本 :司馬遼太郎の『坂の上の雲』
影響を受けた漫画 :皆川亮二の『ARMS』
影響を受けた映画 :フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ
影響を受けた作品 :マブラヴ オルタネイティヴ
好きな食べ物 :セブンイレブンの「のむヨーグルト」
           (基本的に食には興味がない)
好きな飲み物 :ロイヤルミルクティー「紅茶花伝」
好きなゲーム :1位:「君が望む永遠」、2位:「アヤカシ」
            3位:「ぱすちゃ」 (マブラヴは別枠)

 

幼少期エピソード
  • 小さい頃から、グロテスクなものに惹き付けられていた。
  • 絵を描くことが大好きで、小学校や中学校の教科書は、落書きで真っ黒。
  •  







     

     

青年期エピソード
  • 地元・大分県の高校に通っていた頃からマンガ家を志し、イラストや短編マンガを描いていたが、当時は、自分の描いたキャラクターを他人に見せる勇気がなかった。しかし、高校卒業後、福岡県のマンガ専門学校に入学し、同じ道を志す仲間と巡り会ってからは、自分の作品を見せることができるよになり、他人からの評価を受け入れられるようになった。
  •  


     

  • 元々は『週刊少年ジャンプ』に漫画を持ち込んだが、漫画の内容が『ジャンプ』に合わないので作風を変えるようにとジャンプ編集者から助言をされた。しかし、描きたい漫画を描くという点で譲歩することができず、持ち込み先を『週刊少年ジャンプ』から『週刊少年マガジン』に変更した。そして、この判断が後に大きな幸運(大ヒット漫画)をもたらした。
巨人エピソード
  • インタビューで諫山巨人体になれることを告白!?

諫山巨人体

 

受賞歴

2006年 講談社のMGP(マガジングランプリ)に『進撃の巨人』で
      佳作を受賞。
2008年 『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン
      新人漫画賞特別奨励賞。また同年、『orz』で第81回
      週刊少年マガジン新人漫画賞に入選し、同作で『マガ
      ジンSPECIAL』によりデビューを果たす。
2009年 『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』連載開始。
2011年 『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門受賞。

 

作品

連載
  • 進撃の巨人(別冊少年マガジン2009年10月号(創刊号) - 連載中、既刊9巻)
読切
  • orz(マガジンSPECIAL2009年3月号)
  • 進撃の巨人 特別編
    (第81回週刊少年マガジン新人漫画賞入選、
     週刊少年マガジン2010年10号、2011年2・3号)
その他
  • HEART BREAK ONE
    (第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞)
  • "改造人間"に関する作品(名称不明)
    (「HEART BREAK ONE」 の前に作画したネーム)
  • 専門学校の授業で作った1コママンガ(名称不明)
    内容:週刊誌の袋とじグラビアを勝手に破られたアンパンマンが、犯人のしょくぱんまんの胸ぐらを掴んで怒っているマンガ

 

昔の自宅兼仕事場

  • 仕事部屋の広さは約6畳。
  • 二人のアシスタントと作業をしている。
  • 作画中はヘッドフォンでラジオを聴くことが多い。
  • エアコンの直風が当たるため、普段はマスクを着用。
  • 机の横には、紙パックのフルーツジュースとお煎餅が置かれている。

  ⇒ 現在の自宅兼仕事場(実際の写真)

 

現在は、BGMの代わりにももクロの映像を流していますが、
   昔はこれを聴きながら漫画を描いていました。

 

物語を生み出す諫山先生の手のひら

 

四六時中マンガのアイデアを練り、作画する毎日。大体毎朝9時半に起き、アシスタントが来る10時から夜9時まで原稿用紙と格闘している。

 

諫山創先生インタビュー記事 2011年01月28日(金) FRIDAY

  ⇒ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1980

 

諌山創先生特別インタビュー記事 別マガ2010年12月号

  ⇒ http://kc.kodansha.co.jp/EVE/6/kyojin_20121025/inv


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP TVアニメ 画像集 動画集 このサイトについて お問い合わせ